ビーナスライン・メルヘン街道など諏訪湖周辺ドライブ情報

諏訪湖畔上諏訪温泉の宿・ラルバ諏訪湖

ビーナスライン・メルヘン街道など諏訪湖周辺ドライブ情報

4月中旬~11月中旬はドライブやツーリングに最適なシーズン。
ビーナスライン・メルヘン街道を主にご案内します。

このページの目次

ラルバ諏訪湖では、露天となりますがバイクの駐輪が可能です。
夜は防犯灯の点灯する駐輪位置をご案内いたしますので、ご予約時にお申し付けください。

ビーナスライン

ビーナスラインは、「八島湿原」~「美ヶ原」間が冬期通行止めとなります。
閉鎖予定は11月下旬、開通予定は翌4月下旬です。
(※道路状況により閉鎖開通予定が変更となる場合があります。)

ビーナスラインは、(美ヶ原~八島湿原)~霧ケ峰~車山~白樺湖~蓼科を結ぶ高原観光道路。
現在では全線が無料化されています。
( )の区間のみ、冬期間通行止めとなりますが、他の区間は通年通行可能です。
11月中旬~4月中旬までは、スタッドレスやタイヤチェーンなどのご用意が必要です。

ビーナスライン

三峰展望台

ビーナスライン三峰展望台

ビーナスライン「美ヶ原」~「八島湿原」間にある展望台。
売店裏の展望台まで行けば、アルプスや富士山などが臨めます。

八島湿原

ビーナスライン八島湿原

国の天然記念物に指定されている霧ヶ峰の代表的な湿原で、さまざまな高原植物を木道・遊歩道より鑑賞できます。
のんびりと歩いて1周約30分です。

霧ケ峰

ビーナスライン霧ケ峰

駐車場からほんの少し(10分ほど)歩けば、霧鐘塔のある頂上へ。
(夏場は観光リフトが営業されます。)
360度の大パノラマが眼前に拡がります。

車山肩

ビーナスライン車山肩

レンゲツツジ・ニッコウキスゲの時期(6月中旬~7月上旬)にはぜひお立ち寄りを。
草原に咲く花がとても綺麗な場所です。

車山

ビーナスライン車山

リフトに乗って頂上まで。
360度の大パノラマがお楽しみいただけます。

白樺湖

ビーナスライン白樺湖

白樺の林が多く、6kmほどの湖のまわりには木々にとけあうようにしてホテル、ペンション、さまざまなレジャー施設が立ち並んでいます。

白樺高原

ビーナスライン白樺高原

蓼科牧場からゴンドラリフトで約5分の場所にある御泉水自然園はたくさんの高山植物と野鳥たちの宝庫。
自然探索を思い切りお楽しみいただけます。

ピラタス蓼科(北八ヶ岳)ロープウェイ

ビーナスラインピラタス蓼科ロープウェイ

山頂駅は標高2,200m。
ロープウエイ山頂駅からは、1周約30分程の坪庭を歩く散策路があります。
晴れた日の絶景は感動モノです。

蓼科湖

ビーナスラインピラタス蓼科湖

山周囲をカラマツや白樺の林に囲まれ、湖面に蓼科山を映す蓼科湖。
ドライブ中にちょっと一息におすすめの場所です。

メルヘン街道(国道299号線)

メルヘン街道(国道299号線)は、「麦草峠」区間が冬期通行止めとなります。
閉鎖予定は11月下旬、開通予定は4月下旬です。
(※道路状況により開通予定が遅くなる場合があります。)

メルヘン街道 メルヘン街道のMAPをもっと詳しく見る

メルヘン街道(国道299号線)は、長野県茅野市と埼玉県入間市を結ぶ国道ですが、その中でも長野県茅野市~佐久穂町間の38kmがメルヘン街道と呼ばれています。
途中「麦草峠」(標高2,127m)を通って行きますが、この麦草峠は同じ長野県内にある志賀草津道路(国道292号線)渋峠の標高2,172mに次いで、 日本の国道にある峠として「2番目に標高の高い峠」です。
また、蓼科高原・八千穂高原の美しい景観からドイツ・メルヘン街道にちなんで名付けられたとのことですが、道自体はメルヘンではありませんで比較的アクション系です。

横谷峡

メルヘン街道横谷峡

奥蓼科温泉郷にある横谷渓谷(横谷峡)は、松川渓谷と並ぶ信州随一の紅葉の名所です。
また、コースに沿っていくつかの滝があり、特に夏は涼しく、マイナスイオンで癒されます。

王滝

メルヘン街道王滝

奥蓼科温泉郷にある横谷渓谷(横谷峡)にある滝のなかで最も大きな滝。
紅葉の時期が一番綺麗です。

御鹿射池

メルヘン街道御鹿射池

御鹿射池(みしゃかいけ)は樹々のさまざまな色調の緑が重なり合う風景を鏡のように池面に映し、神秘的的な美しさをたたえています。
東山魁夷画伯がこよなく愛し、名画「緑響く」の原風景となった池です。
(メルヘン街道のルート沿いではありません。)

日向木場展望台

メルヘン街道日向木場展望台

標高1,900mにある展望台で、南八ヶ岳から中央アルプスの山並が臨め、しばし八ヶ岳の眺望を楽しんでください。

麦草峠

メルヘン街道麦草峠

標高は2,120mで、国道299号(メルヘン街道)の最高地点(標高2,127m)は本来の麦草峠よりも佐久穂町側に数100m寄った地点にあります。
この地点は、国道では渋峠に次いで2番目に標高の高い場所です。

白駒池

メルヘン街道白駒池

標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖。
湖までの歩道の回りは樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林で、地上はまるで緑のジュウタンを敷きつめたような苔が一面を覆っていて「もののけ姫」の世界を感じます。

杖突峠(国道152号線)

杖突峠

国道152号線は、諏訪地域と高遠・南信州を結ぶ国道です。
この諏訪地域側は、直線距離が3kmに満たないにも関わらず高低差が400m以上にもなる急傾斜となっています。
杖突峠の南に位置する「守屋山」は諏訪大社のご神体であり、かつてこの峠では神降ろしの儀式が行われおり、降りてきた神がはじめてその杖を突く場所がこの峠であることから、杖突峠という名が起こったと言われています。
杖突峠からは八ヶ岳・霧ケ峰そして諏訪湖が一望にでき、夜景も綺麗な場所です。